大阪緊急連携ネットワーク

浜寺中央病院は大阪緊急連携ネットワークに加盟しています。
大阪緊急連携ネットワークとは、大阪府下のほとんどの3次救急病院(重篤な症状の患者さんを受け入れている病院)が参加し、慢性期病院と連携しているネットワークです。
急性期治療後の患者さんや、軽症患者さんをスムーズに慢性期病院や施設に転院できるようコーディネーターが調整し、救急病床の不足を解消しようという連携システムです。

創設
平成医療福祉グループ
武久 洋三 代表
(日本慢性期医療協会会長)
設立年月日
平成20年12月10日
加盟病院
  • 3次救急病院:15施設
  • 慢性期病院:43施設
    平成 28年 1月現在
コーディネーター医師
平成医療福祉グループ
井川 誠一郎 診療統括部長
(日本慢性期医療協会医療連携委員会委員長)