入院
浜寺中央病院では22床の回復期リハビリテーション病棟、85床の医療療養病棟の計107床の病床があります。急性期治療後の重症患者さん(気管切開・人工呼吸器・PEG・CV挿入等)や地域の診療所からの紹介された患者さんを最新の医療で治療しています。回復期リハビリテーション病棟においては、QOLの改善と自立支援を念頭に、発症早期からのリハビリテーションが必要な患者さんの受け入れも可能です。

ご入院からご退院までの流れ

01
入院お申し込み

患者さんの担当医もしくは担当ソーシャルワーカーから、地域医療連携室あてにご相談ください。

02
入院ご相談
  • お受入れ可能な場合、ご家族の方に家族面談させていただきます。
  • ご家族から地域連携室あてにお電話をいただき面談日を調節いたします。
  • 看護師等がご家族と面談し、退院後の方針や希望をうかがったうえで当院での治療について説明いたします。必要に応じて医師も面談に参加させていただきます。
03
ご入院日の決定
  • 後日、入院可能日時をご案内いたします。
  • 入院日当日は指定の時間までに当院へ到着していただけますよう、お願いいたします。
04
ご入院

入院日当日は、指定された時刻までに当院へ到着して頂けますよう、お願い致します。

05
ご入院中の生活について

入院中の治療や処置などについては、主治医・看護師・リハビリスタッフの説明や指示を必ず守って、安心して入院生活をお送りください。

06
ご退院

退院後のケアについては在宅サービスを用意しています。

入院案内パンフレット

浜寺中央病院では入院される患者さまとそのご家族さまへ向けた「入院案内パンフレット」をご用意しております。入院に関する様々なことをご案内しておりますので、下記リンクからダウンロードしてぜひご覧ください。

入院案内パンフレット(pdf)